商品カテゴリ
  • 中古 業務用冷蔵庫

  • 中古 ショーケース

  • 中古 冷凍ストッカー

  • 中古 製氷機

  • 中古 熱機器

  • 中古 作業台・シンク・板金

  • 中古 その他

フロン排出抑制法

    一括見積もり

フェイスブック

    プライバシーポリシー

業務用厨房機器を激安価格でご提供いたします

厨房に必要な業務用冷蔵庫、冷蔵ショーケース等販売しています。ご用途に合わせてぜひご覧ください。

    当サイトについてよくある質問ご注文の流れお問い合わせ

フロン排出抑制法 義務付けられた「簡易点検って?」

 フロン回収・破壊法は名称を「フロン排出抑制法」に改められ、2015年の4月より内容を改正されました。その中で、業務用冷凍空調機器を使用する方は、機器の簡易点検が義務付けられる事になります。

 業務用冷凍空調機器に使用されている「冷媒」の多くはフロンガスですが、現在使用されているフロン類の多くは、代替フロンと言って、「オゾン層を破壊しない」ものに転換されています。しかし、その代替フロンは、大気に放出するとCO2の数千倍もの「地球温暖化」に与える影響が大きく、排出削減が喫緊の課題となっています。
【簡易点検について】
簡易点検は全ての業務用冷凍空調機器において、四半期に1回以上行うよう定めており、この点検は機器ユーザーが自ら実施することが求められています(専門業者に依頼しても構いません)。
機器ユーザーの皆様に実施していただく「簡易点検」は、原則「目視」による点検であり、「安全で容易に目視ができる場合」に限定しています。点検を行う前に、まず自社にある業務用冷凍空調機器について、どのような機器を使用しているか確認する事も必要になります。
■室内機の点検
①ショーケース内の温度を確認し、記録します。既定の温度範囲でない場合が続くようであれば、専門業者に連絡してください。
②ショーケースの底板をはずし、簡単に確認ができる場合には、ショーケース内部の熱交換器の霜付きの有無を確認します。熱交換器がショーケースの下になく、背面にある場合は点検窓から見えるものもあります。
③ショーケースの底板をはずし、簡単に確認ができる場合には、ショーケース内部の熱交換器や配管の油のにじみ、腐食などの有無を確認してください。
④その他、ショーケース周辺に油のにじみがないか確認してください。
⑤エアコンの場合は、グリルを外して内部が確認できる機種について、霜付の有無、油のにじみ、異常運転音の確認をしてください。
■室外機の点検
①室外機の振動や運転音がいつもと違うかどうか確認してください。
②室外機の外観や室外機の下等周辺、熱交換器に油のにじみがないかどうか確認してください。
③室外機の外観にキズや錆がないか確認してください。また、室外機の内部にある熱交換器に腐食や錆、ゴミの付着がないかどうか確認してください
※大型冷凍機や倉庫型冷凍庫の場合は、専門の技術者が運転していることが多いため、日頃実施する点検項目を行ってください。
簡易点検の点検を行ったこと及び点検を行った日を、点検記録簿として記録する必要があります。この点検記録簿については、機器を廃棄するまで保存する必要があり、機器を譲渡する場合には、点検記録簿も引き渡す必要があります。
※弊社にてご参考に簡易点検票を作成いたしました
【簡易点検表(chubomarket)】
ダウンロードしてご使用ください(PDF)
また、今回ご紹介した簡易点検のほかにも、一定規模(7.5kW)以上の機器について、専門業者などの十分な知見を有する者による「定期点検」も定められています。(下図参照)
また、環境省、経済産業省より資料の公開がされています。(PDFデータで開きます)
フロン排出抑制法Q&A
フロン排出抑制法 十分な知見を有する者について
【業務用冷凍空調機器】
当サイトで販売している商品でいうと、業務用冷蔵庫業務用冷凍庫業務用冷凍冷蔵庫コールドテーブル冷蔵ショーケース冷凍ストッカー冷凍ショーケース製氷機ウォータークーラー等が該当します。
参考:環境省:フロン排出抑制法 各種申請要領・手引き