商品カテゴリ
  • 中古 業務用冷蔵庫

  • 中古 ショーケース

  • 中古 冷凍ストッカー

  • 中古 製氷機

  • 中古 熱機器

  • 中古 作業台・シンク・板金

  • 中古 その他

フロン排出抑制法

    一括見積もり

フェイスブック

業務用厨房機器の買い替えのタイミングとは?

 冷蔵庫や冷凍庫、フライヤーからガスレンジなどのコンロ類まで、業務用厨房機器が買い替えるのはどんなときでしょうか。そのタイミングを知ることで、より安全で充実した事業を継続することが可能です。

1.耐用年数
 ここで言う耐用年数とは、所得税法や法人税法によって定められている「法定耐用年数」を指します。国税庁が公表している耐用年数の一覧では、業務用の厨房機器は8年(ホテルなど宿泊客のみが利用するレストランの設備は10年)とされています。
 あくまで税制上の耐用年数なので、「この期間を過ぎたら直ちに」というものではありませんが、実際的な使用状況をまったく考慮していない訳でも無いため、業務用厨房機器を買い替えるタイミングとして、ひとつの契機と考えても良いのではないでしょうか。
国税庁 耐用年数(機械及び装置) https://www.keisan.nta.go.jp/survey/publish/34255/faq/34311/faq_34360.php
2.経年劣化による故障
 工業製品を使ってサービスを提供していることを考えると、経年劣化などによる機器の故障は絶対に避けたいと考えるお客様が殆どでしょう。買い替えのタイミングを逃さないためには、自社で取り扱う業務用厨房機器について、不具合などの情報をこまめに収集しておくことが大切です。
 故障の場合は修理という選択肢もありますが、長年使っている機器の中には、メーカーにも部品の取り置きがないことが考えられます。まったく新規で作ると費用がかさむことが多いので、部品の在庫がない業務用厨房機器ついては、注意が必要です。
3.事業拡大や業態の変更
 事業を拡大するとき、特に近隣に競合他社が存在する場合は、業務用厨房機器を買い換えるタイミングにあると考えて良いでしょう。ライバルに負けないためにも、効率性やランニングコストの面でより良い機器が必要になる場合があります。
 また、それまで揚げ物をあまり扱わなかった店舗が、フライ関係のメニューを充実させたり、同じ飲食でも業態の違う事業を始めるときなども、業務用厨房機器を買い換えるタイミングとして考えられます。周囲の店舗・施設の状況もしっかり観察しておくことが必要です。
まとめ
 今回紹介した業務用厨房機器の買い替えのタイミングは、他のたくさんの業種においても応用することができます。他社に一歩先んじるテクニックとしてぜひご活用ください。
次へ