商品カテゴリ
  • 中古 業務用冷蔵庫

  • 中古 ショーケース

  • 中古 冷凍ストッカー

  • 中古 製氷機

  • 中古 熱機器

  • 中古 作業台・シンク・板金

  • 中古 その他

フロン排出抑制法

    一括見積もり

フェイスブック

業務用厨房機器のメンテナンス方法

 新品、中古にかかわらず業務用厨房機器の購入に合わせて、メンテナンス(保守)サービスについて、考えておられる企業様も多いのではないでしょうか。今回はお客様から問い合わせが多い、冷蔵庫・冷凍庫、ガズレンジ、フライヤーといった業務用厨房機器のメンテナンス方法を分かりやすくご紹介します。

1.業務用の冷蔵庫や冷凍庫のメンテナンス方法
 それではまず、業務用厨房機器の中で最初に購入される方の多い冷蔵庫・冷凍庫についてメンテナンスの方法をご紹介します。業務用の冷蔵庫や冷凍庫は長く使う機器のひとつですから、しっかりメンテナンスを行えばランニングコストの削減が期待できます。
 業務用の冷蔵庫・冷凍庫のメンテナンスで最も重要なのは、コンデンサー(放熱装置)のフィルターを綺麗に保つことです。はじめにブレーカーをオフにし、冷蔵庫や冷凍庫の電源プラグを抜いてからフィルターを取り外してください。
 次に、フィルターのホコリや油汚れをブラシなどで丁寧に取り除きます。洗剤を使った場合はしっかりと洗い流してください。きれいになったら十分に水滴を拭き取り、乾かしたあと元に戻します。電源プラグを差し込むのを忘れないようにしましょう。
2.ガスレンジなどコンロ系機器のメンテナンス方法
 火を通さない食品だけを提供する場合を除いて、ガスレンジなどのコンロ類も業務用厨房機器としてなくてはならない存在です。使用直後はバーナーなどが高温になっていますので、機器が十分に冷えたことを確認してからメンテナンスを始めてください。
 ガスレンジなどコンロ類の外装部分の拭き掃除には、水か中性洗剤を浸した布を使います。ベンジンなどアルコール系の薬品は塗装はがれすることがあるので控えましょう。せっかくのメンテナンスで火災の原因を作ってしまわないよう、最後にバーナー付近に油脂などが残っていないか入念に確認してください。
 炎が逆流することでおこる火災や不完全燃焼による一酸化炭素中毒など、ガスレンジやコンロ類のバーナー部分の目詰まりは重大な事故の原因となります。炎がきれいに上がらない箇所は、金属製のブラシや針金を使って汚れを取り除いてください。
3.フライヤーのメンテナンス方法
 他の業務用厨房機器と違い、フライヤーは毎日使用後に油を抜く作業(排油)が必要になります。つい油断してしまいがちですが、火災などの原因になりかねないので、メンテナンス中はフライヤーから絶対に目を離さないようにしてください。
 排油が終わったらバルブを閉め、油槽の適正なところまで水もしくはお湯を注入し、中性洗剤を適量加えて沸騰させます。排油槽(排油缶)のあった位置には、排水を入れるための容器を用意しましょう。その後お湯を半分ほど抜き、同量の水を加える作業を繰り返します。適量はメーカーごとに違うので取扱説明書などでご確認ください。
 この作業を何度か行って、十分に手が浸せる温度になったら、ブラシなどで油槽内の汚れを取り除きます。最後に洗剤を十分に洗い流すのを忘れないようにしましょう。浸管があるタイプのフライヤーは、1か月に1回程度、ブラシなどで焦げ付きを取り除くことをおすすめします。
まとめ
 今回は業務用厨房機器のメンテナンスについてご紹介しました。メーカーごとに仕様が異なること、機器の進歩に伴いメンテナンス方法が変化することを考えて、安全のためにも常に最新の情報を得るように心がけてください。
前へ     次へ