商品カテゴリ
  • 中古 業務用冷蔵庫

  • 中古 ショーケース

  • 中古 冷凍ストッカー

  • 中古 製氷機

  • 中古 熱機器

  • 中古 作業台・シンク・板金

  • 中古 その他

フロン排出抑制法

    一括見積もり

フェイスブック

知って得する業務用冷蔵庫の収納のポイント

 飲食店などで使用される業務用冷蔵庫ですが、無意識に使用していると中身に統一性がなく非常に使い勝手の悪い冷蔵庫となってしまいます。 しかしきちんと収納のルールを決めておくことで、ストレスなく効率的に使用できるでしょう。 そこでこの記事では、業務用冷蔵庫で上手に収納するポイントについてご紹介します。

1.エリアを分ける
 まずは冷蔵庫の中で大きくエリア分けをすることをおすすめします。 野菜・肉・飲料などでエリアを分け、その後さらに細かく収納場所を決めていきます。 食材ごとにそれぞれ定位置を決めておくことにより、毎回冷蔵庫の中を探す必要がなくなるので効率的に使用することが出来るでしょう。
2.最適な高さに棚をアレンジする
 業務用冷蔵庫は家庭用冷蔵庫と違い、中の仕切りが細かく分かれていません。 これは大きな食材や大量の食材を入れやすくするための作りですが、せっかくの大きなスペースなので無駄なく使いたいところです。 棚がない状態で使うと、確かに大きな食材などは出し入れしやすいですが、上部にデッドスペースが出来てしまう可能性があります。
 このスペースを有効活用するために、棚は必須のアイテムとなります。 固定式ではなく棚の高さを好みによって変えられる可動棚タイプの冷蔵庫も多いので、使い勝手が悪くならない程度にデッドスペースを埋める棚を設置していきましょう。またオプションで棚を追加する事も可能な場合もあるのでご相談ください。
3.小物は容器に入れて一箇所へまとめる
 細かな食材などは容器に入れて一箇所にまとめておくことで取り出しやすくなります。 小さなものをルールなく収納すると、必要なときになかなか探し出すことに時間がかかってしまうものです。 中身によって容器の色を変えるなど工夫することで、容器の中身を確かめなくても一目で必要なものがどれなのかを判断することもできます。 こういった小物を収納しておく場所については、デッドスペースを埋めるために設置した棚など、なるべく狭いスペースを活用することで、メインとなる食材の出し入れの邪魔にならないのでおすすめです。
4.まとめ
 業務用冷蔵庫の収納力は抜群ですが、その収納力を最大限に活かせていない厨房が多いのも事実です。 きちんと収納のルールを決めてデッドスペースも有効に活用すれば、冷蔵庫を一つ分空けるくらい収納効率を上げられる可能性があります。 そうなると、空いた冷蔵庫は新たな食材をストックさせることに使うこともでき、メニュー開発にも可能性が広がります。 つい日々の忙しさに追われてこういった細かな部分の見直しが出来ていない厨房は多いものですが、少しの工夫で大きな成果をあげられる可能性もあるので、この記事を参考に、一度冷蔵庫の収納を見直してみてはいかがでしょうか?
前へ     次へ