商品カテゴリ
  • 中古 業務用冷蔵庫

  • 中古 ショーケース

  • 中古 冷凍ストッカー

  • 中古 製氷機

  • 中古 熱機器

  • 中古 作業台・シンク・板金

  • 中古 その他

フロン排出抑制法

    一括見積もり

フェイスブック

業務用厨房機器のプロが解説|急速凍結庫のメリットとは?

 突然ですが飲食店関係者のみなさん、急速凍結庫を知っていますか? 業務用冷凍庫は使っていても、急速凍結庫は使っていないという方も多いと思います。 もし使ったことがない店舗さんには、ぜひ知ってほしいこの急速凍結庫。 今回はしっかり説明させていただきます。

■急速凍結庫とは?
 一度目にすれば、何となく意味は分かると思いますが、急速凍結庫とは、呼んで字のごとく「急速に食品を凍結させる機器」です。急速凍結庫と言っても人によってイメージに差があると思いますが、目安としては質量20gのケーキを約3時間程度で凍結させることができます。(常温から-20℃まで要する例)
※各種食品の種類・質量によって目安は変動します。
■なぜ急速凍結が必要なの?
 一般的な冷凍庫でも、入れておけばいずれ凍結します。 しかし一般的な冷凍庫の凍結はゆっくりするので、「緩慢凍結」と呼ばれます。 この緩慢凍結の場合、氷の結晶が食材の細胞を破壊してしまい、食品の劣化につながってしまうのです。 一方「急速凍結」の場合は、細胞の破壊を最小限に抑えることができるので、解凍後も比較的新鮮な状態を維持することが可能です。 さらに味だけでなく、食感や風味まで維持できるというのですから嬉しいですね。
■急速凍結庫の利用シーン
 お肉やお魚だけでなく、生野菜などの生鮮食品も急速冷凍で鮮度を維持できます。 さらに調理したての料理も、温かいまま急速冷凍することが可能です。 まさに飲食店にはなくてはならない機器だと言えるでしょう。
■急速凍結庫のメリット
・鮮度の維持
もちろん、食品の鮮度の維持がメリットです。 鮮度を保った美味しい料理をすぐに提供できることで、あなたのお店のファンを増やすことも期待できますよ。

・在庫の管理
生鮮食品のみならず、食品は鮮度が決め手。 たとえば調理品を急速凍結庫で保存しておくことで、廃棄ロスを減らすことにつながります。 また調理のロットを大きくすることで、効率の良い店舗運営や、仕入れをすることも可能になるんです。 大量に仕入れをして調理をすることで、人件費・原価の両方を削減することにもつながりますね。 それも作り置きを保存できる急速凍結庫ならではの嬉しいメリットです。

・売上のアップ
もちろん、美味しい料理を素早く提供することが、お店のリピーターを増やし、口コミで評判を高めるための王道のやり方でしょう。 急速凍結庫を使用することで、売上アップに貢献することが期待できます。


■まとめ
 今回は、最近人気上昇中の急速凍結庫について解説しました。 これまで「別に普通の冷凍庫で十分でしょ?」と思っていた方も、考え方が変わったのではないでしょうか。 もしご興味を持たれた方は、ぜひお問合わせください。 導入されるときっと満足されるはずです。
前へ     次へ