商品カテゴリ
  • 中古 業務用冷蔵庫

  • 中古 ショーケース

  • 中古 冷凍ストッカー

  • 中古 製氷機

  • 中古 熱機器

  • 中古 作業台・シンク・板金

  • 中古 その他

フロン排出抑制法

    一括見積もり

フェイスブック

意外と知らない、業務用製氷機の秘密

 喫茶店や飲み屋さんなどで、「ガラガラッ」と音を立てて氷を作り出す業務用製氷機。 こうした飲食店にとってドリンクは最も利益率が高いため、業務用製氷機は重要な業務用厨房機器と言ってよいでしょう。しかし、業務用製氷機の仕組みなどについては意外と知られていないようです。 今回は、飲食店の影の主役、業務用製氷機の秘密に迫ります。

業務用製氷機の仕組み
 業務用製氷機は、どのようにしてあのように大量の氷ブロックを生み出しているのでしょうか。ここでは、その製氷過程について説明します。 まず、業務用製氷機の一番上には「製氷板」が取り付けられています。この製氷板は格子状になっていて、水は、自動的にブロック状の氷に形成されるのです。スイッチを入れると、製氷板の真上にある「冷却パイプ」に冷媒ガスが流れ、製氷板を冷却します。それと同時に給水タンクから、製氷板めがけて、水が噴射されます。こうして製氷板に付着した水が冷却されて徐々に氷になっていくのです。 タイマーやサーモによって、水が氷になったことが検知されると、冷却が終わります。すると徐々に氷表面が溶け、製氷板の格子から落下し、下部の貯氷室にたまっていくことになるのです。 あとは、お店の人が貯氷室を開け、氷を取り出して、お水やお酒に投入するだけです。
業務用製氷機なら衛生面でも安心
 最近の家庭用冷蔵庫には、製氷機が内蔵されているものが増えています。しかし、この製氷機能付き冷蔵庫に注意が必要です。なぜなら、製氷機に冷蔵庫内の食品に付着していたカビが紛れ込んだり、手入れのしにくいパイプやポンプの中でカビが繁殖することがあるからです。 衛生面で万全を期するためには、業務用冷蔵庫と業務用製氷機は、別のものを用意しておくのも良いでしょう。
製氷機の氷は売ってはいけない?
 先ほど、業務用冷蔵庫に付属している製氷機の衛生問題について触れましたが、実は、製氷機で作った氷は、無許可で販売してはいけません。氷雪製造業の許可と食品営業許可を得ていないかぎり、業務用製氷機で作った氷は売ってはいけないのです。お店で提供される氷は、あくまでサービス品なのです。
まとめ
 お店でガラガラッと派手な音を立てている、お馴染みの業務用製氷機にも、意外な真実が隠されていました。これから業務用製氷機を導入しようと考えている経営者の皆様もその仕組みや衛生面についてじっくり考えて見る必要がありそうです。
前へ     次へ