商品カテゴリ
  • 中古 業務用冷蔵庫

  • 中古 ショーケース

  • 中古 冷凍ストッカー

  • 中古 製氷機

  • 中古 熱機器

  • 中古 作業台・シンク・板金

  • 中古 その他

フロン排出抑制法

    一括見積もり

フェイスブック

よくある業務用食洗機の必要性

 飲食店を開業などにあたって、導入をしようか検討する設備の1つが、「業務用食洗機」です。業務食洗機があれば、業務が楽になって便利だということがなんとなく分かっていても、その初期投資の値段の高さから躊躇うこともあります。 業務用食洗機は、そのコストに比例してメリットがあるのか、本当に必要性があるのか、手洗いではなんとかならないのか、こういったことを知りたいという思いがあるでしょう。そこで今回は、この業務用食洗機の必要性について解説していきます。

1. 業務用食洗機の値段ってどれくらいなの?
 そもそも業務用食洗機が安いものであれば、それほど必要性に悩むことはないでしょう。必要性が低くても、安ければ購入しやすいです。しかし、一般的に業務用食洗機は高額なものとして知られています。具体的には、普通に新品を購入すれば、100万円は下らないものです。 しかし、新品にこだわらなければ、思ったよりも安く購入できます。それこそ、50万円以下で手に入れることができます。最新のものではありませんが、メンテナンスをすれば充分に活躍させられる商品が中古市場には多く出回っています。性能的にも新品とほぼ変わらずに、新品の半額以下で購入できるのであれば、中古の業務用食洗機はコストカットの点で大いに有効です。
2. 業務用食洗機のメリットとデメリット
2-1. メリット
 業務用食洗機の一番のメリットは、作業効率のアップです。とりわけ開業して間もないときは、スタッフに経費を割くことが難しいことも多いです。そういった場面で業務用食洗機があれば、少ないスタッフでもなんとか店を回すことができます。 食洗機を稼動している間に、手の空いたスタッフは他の業務にあたることができます。作業効率が飛躍的に上がることになります。まさに救世主と呼ぶべき活躍をしてくれるわけです。このように、スタッフの人手不足などの問題がある場合には、業務用食洗機の必要性はぐんと上がります。
2-2. デメリット
 ただし、業務用食洗機にはデメリットもあります。それはスペースの問題です。業務用食洗機は導入にかなりのスペースを必要とします。小規模な店舗だと、業務用食洗機を入れたらキッチンがぎゅうぎゅうになってしまった、なんていうことも。このような場合には、返って他の業務に支障をきたして作業効率が落ちることも考えられます。
まとめ
 業務用食洗機の必要性は、やはり店舗によって変わってきます。人手が少なく、回転率を重視したいときには、必要性が高くなります。キッチンスペースが小さかったり、回転率はそれほど重視していない店の場合には、必要性は低くなるといえます。
前へ     次へ