商品カテゴリ
  • 中古 業務用冷蔵庫

  • 中古 ショーケース

  • 中古 冷凍ストッカー

  • 中古 製氷機

  • 中古 熱機器

  • 中古 作業台・シンク・板金

  • 中古 その他

フロン排出抑制法

    一括見積もり

フェイスブック

業務用冷蔵庫のメンテナンス方法

 業務用冷蔵庫の調子が悪い、という声をよく耳にしますが、ふだんのメンテナンス不足が原因である場合が多いようです。こまめなメンテナンスを怠っていると、冷却効果の低下のみならず余計な電気代もかかってしまいます。今回は、そんな業務用冷蔵庫のメンテナンス方法をご紹介します。

1フィルター
 業務用冷蔵庫のコンデンサーのフィルターが目詰まりしていると空気が透過しづらくなり、冷気の量が減ってしまいます。そうすると、業務用冷蔵庫は、通常よりも頑張って冷気を送り込もうとするため、電気代も余計にかかってしまいます。こんなときは、フィルターを取り外して洗浄しましょう。フィルターは業務用冷蔵庫の前面に設置されているので、これを取り外し、中性洗剤で洗ってください。洗ったフィルターは、よく水切りをして、天日などで完全に乾燥させます。乾いたら、早めに業務用冷蔵庫に設置しましょう。フィルターを外している間に、新たなホコリが侵入するのを防ぐためです。
2パッキン
 次は、扉のパッキンです。パッキン部分についた汚れを放置しておくと、パッキン自体の劣化にもつながり密閉性にも影響が出てきてしまいます。お掃除は、柔らかい布にぬるま湯を染みこませ、拭き掃除をして、乾いた布で水気を取れば大丈夫です。くれぐれも洗剤は使用しないようにしましょう。樹脂製のパッキンだと洗剤の効果で、ひび割れなどが発生するおそれがあるからです。
3棚網
 次は棚網です。棚網の場合も、ぬるま湯を染みこませた柔らかい布で、拭き掃除をします。汚れがひどい場合は、食器用洗剤を薄めたものを布に染み込ませて拭き取るといいでしょう。拭き掃除にはタワシやクレンザー等は使わないようにしてください。金属部分が摩耗し、サビが発生するおそれがあるからです。
4その他
 コンプレッサー部分は、業務用冷蔵庫の裏側部分で掃除しづらいのですが、キャスター付き冷蔵庫であれば本体を引き出し、裏蓋を開けて、ほこりを掃除機で吸い込むか、エアダスターで吹き飛ばすのが良いでしょう。機械部分の清掃は感電の危険もありますので、必ず電源を落としてから取り掛かってください。 外装部分も、ぬるま湯を含ませた柔らかい布で行うようにしましょう。こちらも、汚れがひどい部分は中性洗剤を使い、タワシやクレンザーは使わないようにしてください。サビの原因となり、金属の劣化を早めてしまうからです。
まとめ
 業務用冷蔵庫のメンテナンスは、汚れやホコリについては、日頃から自分たちで行い、機械部分の点検と掃除に関しては、年に一回ほど業者にお願いするのが理想的でしょう。
前へ     次へ